ダウンタイムを考慮しよう|美容整形で大変身|人生に形勢逆転を狙え!

美容整形で大変身|人生に形勢逆転を狙え!

婦人

ダウンタイムを考慮しよう

眼

気軽で手軽なアプローチ

二重まぶたに憧れており、整形手術を受けて一重まぶたから二重まぶたになることを考えているものの、仕事の関係などからまとまった休暇期間を取ることが難しく、施術後のダウンタイム期間に目元の腫れが出てしまうことを考慮すると、治療を受けることに踏み切れない方は少なくないでしょう。そういった方にオススメの治療方法、それが埋没法です。埋没法とは、プチ整形を代表する治療方法としても有名であり、肌にメスを入れることなく、糸で縫いつけることによって二重まぶたを作るアプローチ方法になっています。いわゆるアイプチやアイテープをより強固に、より持続的に行うことができる治療方法だと思えばいいでしょう。施術後にほとんど腫れないだけではなく、治療に掛かる費用が安価なことでも人気を集めており、また糸を抜けば元に戻る事もできるといった一面も有しています。

ダウンタイムとは

美容整形を利用するにあたっては、ダウンタイムという単語を頻繁に見聞きすることになります。このダウンタイムとは、施術を受けた後に、日常生活を普段通りに行うことができるまでの期間を示しています。そのため、施術後の肌が腫れないアプローチ方法を選んだ場合、自然とこの期間が短くなります。二重整形を行う場合、埋没法による治療であれば目元がほとんど腫れない治療であるため、ダウンタイムは三日程度とされているクリニックが多くなっています。一方、全切開というメスを入れる治療法を選んだ場合、二週間程度の期間は見積もる必要があるとしているクリニックが大半を占めています。こういった点からも、腫れない治療方法である埋没法が人気を集めている理由を窺うことができるでしょう。もちろん、それぞれに一長一短の特徴があるため、求める理想の目元に合わせて最適な治療方法を選ぶといいでしょう。